掲載情報を工夫する

瞬時に判断できるかどうか

ホームページを作る人の多くは、何かしらの情報を発信したいと考えています。そのためたくさんの情報を載せたくなるのでしょうが、ほどほどにするのが無難です。理由は文字が大量に並んでいると、アクセスした人は読むのが面倒だと感じてしまう可能性があるからです。その場合、かなりの確率で違うホームページに行ってしまうため、載せる情報は必要最小限に抑えるようにしましょう。そしてその時には、アクセスした人が求めているであろう情報が、瞬時に理解できるようにしておくのが望ましいです。例えば食べ物や何かの部品などを売る場合、見た目や値段を知りたいと考える人は多いです。そこで画像を載せて、その下に大きく金額を記載します。これだと余計なものがなく、すっきりとして画面が見やすくなります。

他にやっておくと良いこと

この情報は載せた方が良いのか、それとも削除すべきなのかで迷うことがあります。その場合はまず、情報に関連したキーワードを調べてみましょう。最近ではたくさん検索されている言葉を調べることができるのです。もしもホームページに載せようか迷っている情報に関連するキーワードが、多くの人に検索されているなら掲載します。そうでないなら削除するだけで、載せる情報をかなり絞り込むことができます。加えて言葉を簡素化できないかどうかを検討しておくのも良い方法です。略語を使い過ぎると伝わらない可能性はありますが、あまりにも丁寧に書き過ぎると読む人に苦痛を与える場合があります。インターネットは「ネット」など、広く認知されているものはできるだけ短くしたいです。